今月のことば(7月)

0
    先月に引き続き「真剣に向き合う」─「自分のこととして考える」ということについてです。

    「自分のこととして考える」別の言い方をすれば、「自分自身を学ぶ」とも言えるかもしれません。
    わかったような、わからないような感じを受けるかもしれませんので、一つの歌を紹介します。

    「今までは 人のことだと 思ふたに 俺が死ぬとは こいつはたまらん」

    これは、江戸時代の歌人(狂歌師)・大田 南畝(おおたなんぽ 1749-1823)の辞世の句であると言われています。
    流石は歌人、ユニークで面白おかしく感じてしまいますが、「自分のこととして考える」ということがここには
    ストレートに読み込まれているのはお分かりでしょうか。

    「いのちあるもの、かならず死を迎える」と言われると、小さな子でも知っています。
    知っているから馬鹿馬鹿しいと受け止める人が多いのではないかと思います。
    上の歌で言うなれば「人のことだと思ふ」ていたということです。しかし「俺が死ぬ」…この私もいずれかならず死ぬ
    いのちを生きている、という時に同じような感じで馬鹿馬鹿しいと笑っていられるでしょうか。

    「こいつはたまらん」

    という、一見お茶目にも聞こえるこの7文字も、奥の深い言葉に聞こえて来ませんか?

    補足しておかなければなりませんが、これは
    「いつ来るかわからない自分の死にびくびく怯えながら生きて行けというのか?」ではありません。
    仏教は生・老・病・死の4つを四苦といい、私もあなたも間違いなく背負っていかなければならない現実の姿として説きます。
    その現実から目を背けて、逃げながら生きるのではなく、しっかりと向き合うことが大切だということです。
    日々テレビの中でアンチエイジングや健康サプリメントといった「若さ」や「健康」に関する商品が売られているということは
    それだけ「老」・「病」への不安の大きさの裏返しなのでしょう。
    もちろん可能な限り若々しく健康で生きていきたいと願い、そうして生きていくのは悪いことではありませんが、
    生・老・病・死の現実としっかり向かい合う、というところが抜け落ちてほしくないと感じます。

    (部門員/西蓮寺 僧侶)

    ※掲載が遅くなりましたことをお詫びいたします。


    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM