巡番報恩講のご案内

0

     2011年度の巡番報恩講のご案内です。

    今年度は教伝寺(飯塚市太郎丸356)様で勤まります。日程は以下のとおりです。

    (*)
    期間中、お車でお参りの方には、寺院境内以外の場所に駐車場を用意しておりますので
    そちらをご利用いただくことになります。あらかじめご了承下さい。


    ★ 法要日程 ★

    10月28日(金) 
    ・昼座 13時より 
    ・夜座 19時より

    10月29日(土)
    ・朝座  7時より
    ・昼座 13時より 
    ・夜座 19時より
    (大逮夜)夜座終了後(22時終了予定)

    10月30日(日)
    ・朝座  7時より
    ・昼座 13時より

    おときは3日とも、11時より12時半まで

    ご講師 福岡教区鞍手組 圓徳寺(直方市) 栗山一思 師


    ★巡番報恩講とは?

    巡番報恩講とは、親鸞聖人のご命日法要であり、浄土真宗で最も大切な法要である「報恩講法要」を、組内15のお寺で巡番に勤めていく法要です。

    15のお寺ですので、15年に1回当番を勤めることになり、組全体をあげて勤める大きな法要となります。組内で最も大きな法要行事であるのはもちろん、最も長い歴史を持つ行事でもあります。

    親鸞聖人のご生涯、伝えてくださった念仏往生の教えに触れることはもちろん、さらにそのみ教えは、多くの先人達の苦労と努力の中で、今日・私のところまで伝えられてきました。

    今、そのみ教えをいただくものとして、阿弥陀如来のお慈悲と先人のご苦労への報恩感謝の思いを胸に、それぞれが「世の中安穏なれ、仏法ひろまれ」の願いのもと、自信教人信(※)の道を歩む新たな一歩となるような尊い仏縁にしていただきたいと思います。

    --
    ※「自信教人信(じしんきょうにんしん)」とは…「自ら信じ、人を教えて信ぜしむる」ということであり、つまり、自分自身がしっかりと本願念仏のみ教えを信じ、その尊さ・ありがたさを伝えていこうということです。

    ★法要参詣にあたって

    服装は、正装で結構です。黒の礼服(喪服)である必要ではありません。
    (喪服が間違いというわけではありませんのでご注意ください)
    ただし「法要」ですので、華美・派手になりすぎないようにご注意ください。

    お参りに必要な持ち物は、「お数珠 (お念珠ともいいます)」「お経の本」「門徒式章」です。
    これらをお持ちの方は忘れずにお持ちください。お持ちでない方は各寺ご住職にご相談ください。

    お参りにあたり、お包みする封筒の表には「御佛前(御仏前)」とお書きください。
    (よく雑誌やマナー講座などで「御霊前」は宗派を問わずに使って良いと言われていますが、浄土真宗では「間違い」ですので用いないようにしてください



    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM